自賠責保険とは?交通事故の加害者・被害者が知るべき3つのこと

自賠責保険とは、車を運転するすべての人が強制加入となる「自動車損害賠償責任保険」の通称です。

自賠責保険に未加入の状態で公道を走ることは法律で禁止されており、違反した場合は懲役や罰金などが科されます。

今回は運転者・歩行者を守るための保険についてご紹介いたします。

賠責保険とは

冒頭でも述べましたが、自賠責保険とは「自動車損害賠償責任保険」の略称で、自動車運転者は加入が義務付けられています。

この項目ではその概要についてご紹介します。

対人事故の損害を補償する保険

自賠責保険の対象となるのは主に対人事故の補償です。

対人事故では被害者に対して最高4,000万円(後遺障害時)、被害者への治療費や過失利益を補償します。

一方、自分の怪我の治療費や物損(建物や車などの被害)については補償対象外となります。

運転者を含む対人または物損の保障を考えている場合は、任意保険などで補う必要があります。

未加入の場合は罰金や懲役も

自賠責保険は強制加入、運転時に保険証を携帯することが義務付けられています。

必ず車を購入する際には加入手続きをされ、車検に通す際は、加入状況を確認されます。

万一未加入で公道を走った場合、50万円以下の罰金または一年以下の懲役が科されます。

また保険証不携帯の場合は、30万円以下の罰金が科されることもあります。

賠責保険の保険料

自賠責保険の保険料は自動車・バイクなど車両によって変わります。

また金額も加入する年によって変動しますが、どの会社で加入しても強制加入保険なので料金自体は一律です。

車両による大まかな金額は以下の通りです。

車両 年間の保険料
原付バイク(125cc以下) 約7,500円/年間
大型バイク(250cc以上) 約9,200円/年間
軽自動車 約15,000円/年間
普通自動車(自家用車) 約17,000円/年間

なお、自賠責保険の保険証は毎年変動するため、加入時に最新の金額を確認することをおすすめします。

また、保険の更新は車検などと一緒に手続きするのが一般的です。

物損・自分のケガの補償は任意保険

自賠責保険でカバーされるのは、交通事故によりケガをさせた相手の治療費や損害の補償です。

そのため、相手やご自身の車の修理費用、ご自身のケガの治療費などもカバーしたい方は任意保険も別途加入する必要があります。

特に、日常的に運転する方は、事故に対して手厚く備えるためにも任意保険に加入しましょう。

任意保険は内容により、対人・物損を保証するものから、無事故・ゴールド免許などで保険料が安くなったり返戻金が受け取れたりするものもあります。

運転する人や、年間の走行距離などにあわせて選ぶと良いでしょう。