過失割合に納得がいかない場合に被害者が取るべき行動

交通事故で被害者は過失がないと思っているのに、加害者や保険会社から被害者側にも過失があったとして過失割合を主張されてしまう場合があります。

しかし、加害者の主張や保険会社の判断する過失割合が必ず適正であるとは限らないため、示談成立前であれば、過失割合が見直される可能性は十分にあります。

では、過失割合に納得がいかない場合、どうすれば良いのでしょうか。

過失割合の決め方

過失割合は、過去の事故の判例を元に保険会社が算出して提示してきます。

しかし、保険会社が提示してきた過失割合が必ずしも正しいとは限らず、基本的に契約者の言い分をもとに過失割合を算出するため、契約者が事実に反する説明をしている場合は、正しい過失割合になりません。

過失割合に納得がいかない場合は、正確に事故の状況を証明することで過失割合を変更することが可能です。

過失割合に納得いかない場合は示談交渉の際に反論する

保険会社に提示された過失割合に納得がいかない場合、保険会社との示談交渉の中で、ご自身の過失割合の主張を保険会社に認めてもらう必要があります。

そのためには、事故の状況を証明するための証拠集めからはじめましょう。

第一に、警察が作成した、事故の発生状況や事故現場付近の道路の状況などが書かれた実況見分調書が重要な証拠になります。

他にもドライブレコーダーの記録や目撃者の証言も重要となります。

また、交通事故の過失割合を保険会社からどの判例を参考にしたのかを問い合わせて、その判例が本当に適切かどうかを確認してみましょう。

保険会社が参考にした判例よりも、事故の状況が似ている判例が他にあった場合は、判例を根拠に保険会社に過失割合の見直しを相談してみることができます。

示談交渉で過失割合が決まらない場合

示談交渉をいくらしても双方の納得がいかず示談が決裂してしまった場合、調停、訴訟をすることができます。

調停とは、簡易裁判所で相手と話し合うことにより、損害賠償金額や過失割合を決定する手続きです。

裁判所の調停委員が間に入って話を進めるため、当事者だけで話し合いをすすめるよりも合意しやすいです。

調停以外にもADRという裁判以外の紛争解決手続きで過失割合を決めることもできます。

調停を行っても決まらない場合には訴訟をして、裁判で裁判官に判断してもらうことになります。

1番確実なのは弁護士に依頼すること

過失割合に納得がいかない場合は、交通事故の案件に精通した弁護士に依頼しましょう。

弁護士は被害者が有利になる過失割合を適切に認定して示談交渉を行ってくれるため、納得のいく過失割合になりやすいです。

また、実況見分調書の取得手続きもしてくれますし、過去の判例を調べて、依頼者に有利な材料がないかを探してくれます。

また、納得のいかない過失割合でも、手続きや交渉をする過程で過失割合も有利に修正することができます。

もし過失割合に納得がいかない場合には、弁護士に相談してみることをおすすめします。